前へ
次へ

マッサージは社内を元気にさせる

最近福利厚生の一環でマッサージ取り入れられてる企業が増えていて、パソコン1日ずっと使う、重い荷物上げ下げが多いなど体駆使してる従業員にリフレッシュしてもらえたり、マッサージ導入検討してる企業が増えています。そして、福利厚生の一環でマッサージ導入ならサービス提供者に会社に来て施術してもらう訪問施術があり、毎週金曜、夕方5時以降利用可能など決まった曜日、時間施術に訪問してもらいます毎日は必要でないといったとき、こうした訪問施術がお勧めです。そして、さらなる方法で施術師に待機してもらう、会社が施術師を雇用するという福利厚生のケースがあります。社員の人数多かったり、施術利用希望者が多い時決められた日にち、時間だけだと社員、従業員が利用しにくかったりします。施術を受けてみるとそれだけで健康になれるのではないですが、疲れ、ストレスを緩和して、心、体もとても楽になります。企業が社員、従業員の健康増進に取り組むと離職率が減ります。効率よく生産性あげるため社員、従業員が安心して働ける環境作りが必要不可欠です。そのため心身ともリフレッシュできる福利厚生導入は決して無駄ではありませ。人はずっと集中してられません。10分でも施術を受けて体ほぐれてくれば、また集中して仕事続けられるはずです。こころ、体が健康なら体調崩したりすることがなくなって、社員、従業員は安定して仕事取り組められます。また企業が独自の福利厚生力入れてる昨今社内施術導入は働く側にとって魅力的サービスです。社内マッサージがある会社務めてる満足感は離職率低下させる要因となります。社員が毎日安心して働けるのは働く方たちのモチベーション保たれてることになって、モチベーション安定が生産性向上につながります。福利厚生社内施術は健康増進の小さな一歩ですが、社員が一番簡単に心身リフレッシュできるサービスです。とても健康になれるのでぜひ活用してみてください。

スピリチュアルカウンセリングで東京の皆様の悩みを解決するお手伝い

https://ellipse-soleil.com/
ワンちゃんごとに特徴をご紹介!
飼う前にチェックしておきましょう

Page Top